<< October 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

* *
0
    スポンサードリンク * - * * - * -

    有名人の兄がミニFMのオーバーパワーで逮捕。

    大型台風が日本列島を縦断していますが、皆様いかがお過ごしでしょう?
    くれぐれも防災対策は万全に…

    さて、本題。
    「2011年7月19日、FMラジオ局を無断で開設したとして、警視庁保安課は東京都日野市の会社員を電波法違反容疑で現行犯逮捕したと発表した」そうで…

    電波法違反容疑:鈴木蘭々さんの兄逮捕 FM局無免許開設 -毎日新聞

    無許可でFMラジオ開設容疑=鈴木蘭々さん兄を逮捕-警視庁 -時事通信

    時事通信の記事によると、「逮捕容疑は、『7月17日、総務大臣の許可を受けずに、自宅に出力42WのミニFM局を開設した疑い』で、同課によると、容疑者は勤務先の無線機メーカーの休日に合わせ、毎週金曜夜から日曜早朝まで放送。『FM百草』のディスクジョッキー『すーさん』と名乗り、電子メールでリクエストを受け付けて音楽を流していた」そうです。
    コミュニティFMもビックリの出力…(苦笑)

    なお、総務省関東総合通信局によると、「電波監視システムによる電波監視などにより不法無線局の運用を突き止め、電波法第4条違反の疑いで日野市在住の男性を警視庁日野警察署に告発し、日野署は被疑者を現行犯逮捕。7月18日、電波法第4条の違反容疑で東京地方検察庁に身柄送致した」との事です。

    不法無線局(FM放送)の開設者を摘発 ≪警視庁日野警察署が東京地方検察庁に身柄送致≫ -総務省

    ちなみに、違法電波と共に「JOUT FM 86.9MHz」を名乗って、一時期ネットラジオも行っていた模様です。

    …にしても、解せないのは「無断で放送局を開設して逮捕された」という所です。
    あくまで「規定以上(電波法第6条:無線局の無線設備から3mの距離において、その電界強度が毎メートル500マイクロボルト以下)の出力で送信した」のが罪であって、放送局を開設するのは違法でも何でもありませんし、「ミニFM」自体は違法ではありません。

    犯罪を奨励・擁護するワケではありませんが、確かに電波が届く範囲が狭すぎますし…。
    出来るだけ既存の放送に(電波的な)影響を与えないような、「開放ゾーン」みたいな物を作ったり、微弱電波の定義を緩くするとか、出来ないんでしょうかねぇ。

    免許制度に守られているから簡単に開放しないのでしょうが、ケータイ一本あれば何でも済むような時代ですから、この辺の問題も一度考え直す必要性がありそうです。
    もっとゲリラ的な物が増えていくと、放送業界的にも面白いのですが…。

    人気blogランキングへ
    人気blogランキングに投票する

    よろしくお願いします。
    別館もどうぞ。
    JUGEMテーマ:ニュース

    * Check *
    0
      take2-chances * ニュースにひと事。 * 22:54 * comments(2) * trackbacks(0)

      政府の仕事は総理擁護?

      すっかり真夏な感じになってきましたが、皆様いかがお過ごしでしょう?
      これだけ暑くなってくると、様々な物が傷んできますので注意が必要です。

      さて、本題。
      震災以来、2011年3月28日から毎日放送されていた政府広報番組「震災情報 官邸発」が7月から「政策情報 官邸発」と模様替え。
      これに伴った…かどうかは分かりませんが、発局がTOKYO FMからTBSラジオに変更されました。

      復興政策ラジオで発信=4日から、枝野長官ら出演 -時事通信

      記事によると、「東日本大震災からの復興対策などを国民に伝えるため、ラジオ番組『政策情報官邸発』の放送を始める」との事で、「週1回、10分間の番組で、初回は枝野幸男官房長官が出演する」との事です。

      ちなみに、初回の出演者は下村健一さん、TBSアナウンサーの水野真裕美さん、枝野官房長官。
      残念ながら、今のところ公式Webが存在していませんので、音声配信については不明です。
      (追記…公式Webと音声配信が始まっています。)

      肝心の内容はというと…

      これって、内容的にどうなんでしょう?
      「菅さん辞めないで」とか「原発を何とかして」という「一般の人の声」を拾い、政府はやります!的な内容を流しています。

      先日問題になったBS11の番組よりも、税金を使った「菅政権浮揚宣伝番組」のほうが余程酷いと思いますし、この期に及んで往生際の悪い菅政権には本当に呆れるばかりです。

      多くの国民が「そろそろ復興に目処がついても良いのでは?」と思い始めているのに、未だ復興の道筋は見えず。
      その上、ドサクサに紛れて消費税増税や「コイズミ政権の二番煎じ」までやろうとしているんですから、言わずもがな。
      しかも、この期に及んでアナログテレビ放送終了までやっちゃうんだから、もうどうしようもありません。

      「直ちに影響は無い」と寝言を言ってないで、総理は直ちにお辞めになっては如何でしょう?
      正直、総理を期待すべき段階は終わっていると思うんですけどね。

      人気blogランキングへ
      人気blogランキングに投票する

      よろしくお願いします。
      別館もどうぞ。
      JUGEMテーマ:ニュース

      * Check *
      0
        take2-chances * ニュースにひと事。 * 02:59 * comments(2) * trackbacks(0)

        NHK、衛星放送の相撲中継を終了…?

        ビックリするほどワイドショーのネタのようなニュースばかりが次々登場し、重要なニュースが後手後手に回っている気さえする今日この頃ですが、皆様いかがお過ごしでしょう?

        …と書いておいて恐縮ですが、ちょっとだけ関連するネタです。
        以前、別館のほうで「NHK、衛星放送の大相撲中継を終了へ。」と書きましたが、今回の八百長問題に絡んで春場所が中止となってしまいました。

        八百長問題:春場所中止 相撲協会が決定 -毎日新聞

        つまり、「予定通り」なら、NHK BSの相撲中継は初場所で終了しました…という事になります。

        恐らく、NHK側としても春場所中継の中で「BSによる相撲中継の終了」のお知らせを入れようと準備していたのでしょうが、今回の騒動で吹っ飛んでしまった以上、「いつの間にか衛星放送で相撲中継が無くなってしまった」という事態に発展する可能性は無いのでしょうか?

        とりわけ大相撲が好きそうな年配の方々は、「BSの大相撲中継が終わる」というこの手の情報に疎い可能性がありますので、突如として衛星放送で相撲中継が放送されなくなったとしたら…結構な混乱が広がるような気がするんですけどね。

        NHKに対して苦情が殺到するとか、受信料不払い運動が一気に広がるとか。
        その上、7月のアナログテレビ放送終了。
        地上波と同時期(予定)にBSアナログも終了しますので、「平成テレビ騒動」が起こりそうです。

        以前、「完全デジタル化で大幅減収」と書きましたが、これを機に「テレビは観ない」「NHK受信料を払わない」というご家庭が一気に増えると思います。

        さ〜て、どのような対策を行うつもりでしょう?
        まさか、日本相撲協会みたいに「知らぬ存ぜぬ」で通すつもり…は無いですよね?

        人気blogランキングへ
        人気blogランキングに投票する


        ブログセンターに投票する

        よろしくお願いします。
        別館もどうぞ。

        JUGEMテーマ:ニュース


        * Check *
        0
          take2-chances * ニュースにひと事。 * 00:45 * comments(0) * trackbacks(0)

          Style FM、予告なく放送終了。

          例の尖閣ビデオが流出したとか、平野前官房長官が3か月以上前の番組にケチをつけたりと、民主党の凋落振りが甚だしい今日この頃ですが、皆様いかがお過ごしでしょう?
          民主がダメなら自民…もダメです。
          結局、自民も腐敗した挙げ句の「成れの果て」ですから、自民に戻ったって日本が良くなるワケありませんよ。
          いかに「二大政党制」が胡散臭い物であったか…という事が明らかになったところで本題。

          2010年10月31日、「夢大陸事件」の舞台となった「Style FM」が予告なく停波したそうです。
          このブログに毎度投稿頂いているCMNさんによると、「事前告知は一切なし、10月31日の午後3時30分頃に突然放送が終了した」との事で、11月7日の毎日新聞西部版(詐欺:夢大陸、強制捜査へ 女性社長ら、投資資金詐取容疑 ― 福岡県警)で「警察が詐欺容疑で強制捜査に乗り出す方針を固めた」という記事が掲載されたそうです。
          (情報提供を厚く御礼申し上げます。)

          放送も停止し、Webサイトも完全閉鎖という事で、いよいよ経営者氏逮捕への秒読み段階となっていますが…
          配信を録画した「StyleFM日曜討論」がUSTREAMに残っています。

          ちなみに内容は…というと、「チャンネル桜」のローカル版のような、国粋主義的な内容になっています。
          やたらと自民を持ち上げるのは、「麻生グループ」との深い関わりからなのでしょう。

          「日本初、女性のための放送局」を謳っていた割には、ジイさんバアさんが好きそうな小難しい政治論壇を好んで放送する時点で、どこか間違っているのは言うまでもありませんし、通販で政治的なニオイがする妙なDVDを売っている事からしても、一体誰をターゲットにしているのかよく分かりません。

          しかし、巧みに「占い」や「ヒーリング」など、女性が好みそうなジャンルのネタを絡めて、「○○に投資すると儲かる」といった計画犯罪感は否めませんし、結局は、謳い文句とは真逆の「政治とカネ」をテーマとして、放送やネットを通じて不安を煽り、偽の金融商品を売りつけるのはどこかの新興宗教と同じですから、裕福な女性から「老後の資金」を失敬する事が当初からの狙いだったのではないのでしょうか?

          ハナから放送局を経営するというアタマが無く、単純に「本業」の宣伝道具だったという事は以前の記事で申し上げていますが、警察から狙われたら閉鎖…という事からして、自ら「犯罪をやってました」と告白しているのと何ら変わらないでしょう。

          麻生グループと深い関係がある以上、政治的な思惑や面子もあるはずですが、警察はよく調査した上で、全容の解明と公表を望みます。
          もちろん、監督責任を怠り、完全にスルーしていた総務省も何らかの責任を取るべきかと思いますが…

          人気blogランキングへ
          人気blogランキングに投票する


          ブログセンターに投票する

          よろしくお願いします。
          別館もどうぞ。

          JUGEMテーマ:ニュース

          続きを読む >>
          * Check *
          0
            take2-chances * ニュースにひと事。 * 00:01 * comments(12) * trackbacks(0)

            第22回参議院議員選挙、勝者はみんなの党?

            2010年7月11日に投開票が行われた第22回参議院議員選挙は、与党・民主党は50議席に届かず、野党に転落した自民党が1位を獲得しました。
            多分、消費税増税を唱えた民主党にお灸を据えた…という事なのでしょうが。

            なお、確定投票率は57.92%で、各党の当選者数は、

            民主/44
            国民新/0
            ---------
            自民/51
            みんな/10
            公明/9
            共産/3
            社民/2
            改革/1
            たちあがれ/1
            [計121人]

            でした。
            民主も惨敗と言えるほど負けが込んでいませんし、自民も前評判以上に勝っているとは言い切れない状況ですから、結局は渡辺喜美氏率いる「みんなの党」の一人勝ちだった模様で…小政党ほど惨敗率が大きくなっているのは気のせいではないと思います。
            威信を賭けた国民新党の郵政票・長谷川憲正氏も落選。
            (というより、JP労組書記長の難波奨二氏を比例に載せる民主は極悪だ…笑)

            もはや虫の息となりつつある共産は、テレビでオナジミ、抜群の知名度を誇る小池晃氏を東京選挙区に擁立するも、10万票以上の差をつけられて落選。
            社民も、福島党首と村山元首相の地盤、大分だけしか機能していないようで。
            でもって、自民から分裂した新党も、1議席取れるかどうかの渋い戦い。
            新党改革は、郵政民営化で吠えた荒井広幸氏のみ当選。
            郵政票が割れて、舛添氏も満足?かも。

            結局は、失敗の烙印を押された自民・民主が両党併せて約78%を獲得するという具合。
            いかにマスコミが煽っているかという証拠です。
            何しろ、東京選挙区で「仕分けオバサン」こと蓮舫氏が1,710,734票と、2位の公明・竹谷とし子氏の2倍以上の大差で勝っちゃうんだからスゴい話で。
            公明と言えば、今回も個人名作戦で比例票を集めてました…(笑)

            比例個人得票、公明が1〜7位=当落に逆転現象も−参院選 -時事通信

            ウチの実家にも、「公明党と書かないで○○(個人名)と書いて下さいね〜」っていう、徹底した?勧誘がありました。

            蓋を開けてみれば、誤差の範囲が広いNHKの予想議席程度でした。
            7/7の共同通信が配信した事前予想も概ね同数ですから、終盤戦では風が吹かなかったという事でしょう。

            民主党44-51
            自民党46-52
            公明党8-10
            共産党2-4
            社民党1-2
            国民新0-1
            みんな8-11
            たちあがれ、改革、無所属も議席獲得の可能性が有
            (7/11、20:00発表のNHK予想議席)

            早々と続投の意向を固めた菅総理は「ねじれ」で解散に出るか。
            挑発に乗ったら惨敗でしょうけどね。

            さっさと政党再編しちゃいなよ。という感じです…

            人気blogランキングへ
            人気blogランキングに投票する


            ブログセンターに投票する

            よろしくお願いします。
            別館もどうぞ。


            JUGEMテーマ:ニュース

            続きを読む >>
            * Check *
            0
              take2-chances * ニュースにひと事。 * 23:41 * comments(0) * trackbacks(0)
              このページの先頭へ

               1 / 5PAGES >>

              管理者ページ