<< August 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 第22回参院選、始まる。 | main | デジタルラジオ放送が始まるという壮大なお笑い。 >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

* *
0
    スポンサードリンク * - * * - * -

    どうなる?有線放送。

    相撲も政治も情けないコメントが炸裂している今日この頃ですが、皆様いかがお過ごしでしょう?
    政権与党も、平仮名新党も、野党も、はたまた「逃げの姿勢」に徹している相撲賭博問題も、み〜んな同じ穴の狢。

    要は自己保身なだけであり、ハナっから「ムリ」と素直に謝っちゃえばいいのに。
    そのほうが潔いと思うんですけどね。

    それはさておき、本題。
    有線放送業界第2位の「キャンシステム」が、ようやく道路・電柱の無断使用に目処を付けるそうで…

    キャンシステム株式会社に対する報告徴求に係る「有線ラジオ放送業務の正常化に係わる報告について」の提出(PDF) -総務省

    有線音楽放送事業の正常化に関する検討チーム調査報告書の公表」によると、元はと言えば、業界最大手のUSEN(旧大阪有線放送)が急速に規模を拡大する際、建設省(現国土交通省)や電電公社(現NTT)、各電力会社に許可を得ないで勝手に自社ケーブルを取り付けた事に端を発するのですが…

    その後も違法状態は収まらず、行政指導を行う役所に対して激しい抗議行動を繰り返していったため、社長が逮捕される事態に発展。
    大阪有線側は役所に対して矛を収める反面、業界第2位のキャンシステムに対して執拗な攻撃を行い、社員の引き抜きやダンピング、訴訟などでキャン側は経営危機に陥っていきます。

    キャンシステム側のコメント

    様々な事情が重なり、キャンシステムの正常化は遅れに遅れたワケであり、USEN正常化後は行政側の対応も甘かったと認めています。

    もっとも、現在では「有線放送」として自前で回線を引くよりも、USENの「SOUND PLANET」や、キャンシステムとMUSIC BIRDが共同運営している「SPACE DiVA」のように、光回線や衛星放送を使ったサービスのほうが効率が良いので、あえて「有線放送」を設置する必要性が無くなったような気もしますし、各社共にIP/衛星系通信サービスにシフトしている以上、「有線放送」自体が衰退していくのは時代の流れと言えます。

    もちろん、不法占拠と並んで問題とされた「ラジオ放送の違法再送信」も、一部局を除いてエリア内に限って再送信が許可されていますが、通信系サービスの導入により、CATVの地上波テレビ再送信問題と同じく、エリア外再送信を認めるか否かという部分が大きくなっています。
    東京の局を聴くためだけにゆうせんに加入している人々にとっては、頭の痛い話かもしれません。

    通信回線の大容量により、順次「違法状態」は解消されていく事は間違いありません。
    多角化を進めすぎたUSENは、カラオケ事業のBMB/UGAを同業他社のXING/JOYSOUNDに経営譲渡するなど、事業整理を始めています。
    対するキャンシステムは、営業所の整理と共に、自動店内放送システムなどのビジネス用途に経営資源を集中させています。

    今後も大幅な拡大傾向が望めない有線放送業界。
    安定経営が成功の鍵じゃないかと思いますが…

    人気blogランキングへ
    人気blogランキングに投票する


    ブログセンターに投票する

    よろしくお願いします。
    別館もどうぞ。


    JUGEMテーマ:ニュース

    ★追記…
    「有線放送訴訟」は2010年7月29日、USEN側が解決金として20億円を支払う事で和解が成立したそうで…

    有線放送訴訟:USEN20億円支払いで和解 -毎日新聞

    記事によると、「USENはキャン社に対し"有線ラジオ放送法に反する"点が解消される見込みになったので、"正常化協力のため解決金を支払うことにした"」そうです。

    損害賠償請求に関する訴訟の終結について(PDF) -USEN
    * Check *
    0
      take2-chances * 放送業界にモノ申す。 * 00:50 * comments(0) * trackbacks(0)

      スポンサーサイト

      * Check *
      0
        スポンサードリンク * - * 00:50 * - * -

        コメント

        コメントする









        トラックバック

        このページの先頭へ

          / PAGES 

        管理者ページ