<< August 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 第22回参議院議員選挙、勝者はみんなの党? | main | 完全地デジ化まであと1年? >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

* *
0
    スポンサードリンク * - * * - * -

    コミュニティFMは詐欺の道具?

    3連休も終わりましたが、皆様いかがお過ごしでしょう?
    あちらこちらで水害での事故や、海や川の事故、山での滑落事故などが多数ニュースになっています。
    充分お気をつけ下さいませ。
    (にしても、何で飲酒して海や川に入ったりするんでしょうねぇ。半分、入水自殺しているのと変わらないような…
    危険ですから、飲酒後はおとなしくしておきましょう。)

    さて、本題。
    福岡市早良区にあるコミュニティFM「Style FM」( http://www.768.jp/ )の経営者が代表を務める会社、「夢大陸」( http://www.yumetairiku.co.jp/ )が無登録で金融取引を行い、金融商品取引法違反の疑いで福岡県警が関係先を捜索したそうです。

    無登録で金融取引か 福岡市の投資コンサル 数十億円?県警捜索 -西日本新聞

    記事によると、「福岡市早良区の投資コンサルタント会社“夢大陸”が、金融庁に無登録で海外の金融商品を取り扱っていた疑いのあることが福岡県警の捜査関係者への取材で分かった」そうで、「県警は金融商品取引法違反の疑いで関係先を家宅捜索。同社が全国の数百人から計数十億円を集めたとみて、立件を視野に捜査を進めている」との事。

    また、「同社の50代の女性社長は「六本木の巫女」などと称し、女性を中心に会員を集め、財テク指導などを行っていた」上、「自身が経営する地元FM放送局でもパーソナリティーを務め、番組内で金融動向の予測などを行い、投資を募ったとみられる」そうです。

    毎度当ブログにコメントを寄せて頂いているCMNさんによると、「毎日新聞の九州版で大きく取り上げられている」との事なので、検索してみると…
    次から次へと怪しい実情が出てきました。
    (*情報提供大変ありがとうございます。)

    金融商品取引法違反:夢大陸、メディア駆使し投資募る 「極秘情報」危機あおり

    金融商品取引法違反:「夢大陸」FMに聴取要請 放送法抵触の疑い -総務省

    金融商品取引法違反:「夢大陸」、FM局買収額は933円

    などなど。

    にしても、監督官庁の九州総合通信局は「事実の報道がなされているのか確認したい。内容は経済情勢の予測とみられ、番組編集の自由もあるので、慎重な判断が必要」と言っているそうで…

    基本的にどのような放送をしようと、自由と言えば自由なのですが、
    放送法第三条の二に規定している、
    「放送事業者は、国内放送の放送番組の編集に当たつては、次の各号の定めるところによらなければならない。
    一 公安及び善良な風俗を害しないこと。
    二 政治的に公平であること。
    三 報道は事実をまげないですること。
    四 意見が対立している問題については、できるだけ多くの角度から論点を明らかにすること。」

    に充分抵触していると思うんですけどね。
    事実がどうの…というより、実際に被害が出ているのですから、あまりに弱腰な対応で呆れます。

    放送範囲が狭く問題が発覚しづらい上に、県域と比べて運営コストが低いコミュニティFMの場合は、上の「夢大陸」のようなあらゆる団体が、「放送」という免許制度の甘い汁を吸おうと群がって来ます。
    とりわけワンマン体制の局や、赤字経営が続く局の場合はチェックが甘く、犯罪スレスレの事案やそのまま犯罪(詐欺など)を平気で放送してしまう事もありますから、リスナーの皆様は充分気をつけた方が良いでしょう。

    特に、誇大広告(ラジオショッピング)系の番組や、ヒーリングや透視、占いと称する宗教系番組、真実かどうかも分かりづらい投資に関する番組など、「宗教」「カネ」に関する話題が出てきたら…まず疑ってみて下さい。

    基本的に、内容に関しては局側がノータッチの場合も多く(上の「Style FM」は組織ぐるみでしたが…笑)、局に問い合わせても「知らぬ存ぜぬ」で押し通される可能性もありますし、本当に放送内容を知らないケースもありますので、放送した責任はあっても、うやむやにされてしまう可能性が高いと言えます。

    総務省はコミュニティFMだからといって甘く見るのではなく、ウソ書き放題の書類調査だけでなく、現地で放送内容や主要株主について精査し、疑義が出れば必ず審議するような体制を取るべきでは?と思います。
    もちろん、県域局でも同じですが。

    コミュニティFMの経営者の皆さん。
    貴局には、怪しい団体が入り込む隙間がありませんか?
    くれぐれも、怪しい団体には要注意ですよ。
    いつ乗っ取られるか分かりませんからね。

    人気blogランキングへ
    人気blogランキングに投票する


    ブログセンターに投票する

    よろしくお願いします。
    別館もどうぞ。


    JUGEMテーマ:ニュース

    余談ですが、こんな記事も。
    福岡コミュニティ放送(株)(Style FM)が開局10周年記念パーティーを盛大に開催!(2010年3月6日 18:33)

    カネの使い方が派手になったら、怪しいと思って間違いないと思いますよ(笑)
    * Check *
    0
      take2-chances * 地域放送とは。 * 00:24 * comments(8) * trackbacks(0)

      スポンサーサイト

      * Check *
      0
        スポンサードリンク * - * 00:24 * - * -

        コメント

        殆どの記事がデッドリンクになっておりますけど、新たな情報が毎日新聞九州版に掲載されました。

        http://mainichi.jp/seibu/shakai/news/20100803ddp041040033000c.html

        Style FMが10月末で終了するそうです。
        何が目的の買収だったのかバレバレだし、原社長も窮地に追い込まれているんでしょう。
        でも、金融危機を訴えて脅迫に近い放送をしていた事は法的に何らかの処分をしないと、似たような放送は続出するでしょう。
        確か、放送局があるAIビルは麻生太郎元首相の一族である麻生グループの本社ビルで、原氏は安倍晋三元首相の選挙区出身で交友もあるようだし、民主党の議員とも関わりが深く、政界との繋がりもかなり強いので、そういう背景も放送法に引っかかりそうな放送をしても今までお咎めなかったのかもしれません。
        Comment by CMN @ 2010/08/04 2:58 AM
        > CMN さん

        毎度情報&コメントありがとうございます!
        (レスが遅くなり申し訳ありません)
        遂に…という感じでしょうね。

        もっとも、経営の根幹である「信頼」が崩れてスポンサー収入が激減し、「金融商品媒介」という旨みも無くなってしまった以上、赤字を出してまで放送を続ける理由がないというのが実情でしょう。

        いずれにしても、「地域のための放送」ではなく、「カネ儲けの道具」だった事に違いはなく、このような放送がまかり通っていたこと自体が異常です。
        役所が「見栄えの良い書類」だけしか見ていなかったという事は明らかですし、仮に政界とのつながりがあるのであれば、苦情があってもお咎めがないのは、何らかの疑いが出てきてもおかしくはありません。

        CFMの中で法令違反をしている局やスレスレの局がある事は明白ですし(*もちろん全部ではありません。真面目にやっている所もあります)、役所が「性善説」という見方を崩してないのであれば、大きな間違いであり、直ちに法令違反がないか全国のCFMを抜き打ち調査すべきでしょうね。

        最低限、番組の内容だけは審査したほうが良いと思うんですけど…。
        Comment by take2-chances @ 2010/08/07 8:33 PM
        http://news.rkb.ne.jp/rkb_news/archives/016735.html

        RKBテレビのニュースで報じられましたけど、夢大陸側に民事裁判で賠償命令が出ました。
        放送はあと1週間未満になりましたが、HP見るといつ終わるのか分からない感じですね・・・・。
        Comment by CMN @ 2010/10/26 12:57 AM
        > CMN さん

        再度情報&コメントありがとうございます!
        恐らく…ですが、Style FMの借金と共に賠償金を踏み倒しそうですし、行き詰まったら夜逃げする可能性も大きいでしょう。

        Webも当面更新している様子はありませんし、このまま放送が終わっても「放置」しそうなので、夢大陸の運命は警察次第という気もします。

        それにしても、何故まだ逮捕者が出ないのかが不思議です。
        放送が終わるまで…とか、何らかの裏取引をしていると疑われても仕方ないと思います。
        Comment by take2-chances @ 2010/10/26 7:47 AM
        Style FM、閉局したようですね。
        事前告知は一切なし、10/31午後3時30分頃に突然放送が終了したとのことです。
        Style FM、夢大陸のオフィシャルHPも撤去されました。
        告知のない終了は「夜逃げ」みたいなものですよね・・・。

        この流れからして、近い内に大きな動きがあるでしょうね。
        民事裁判で賠償命令が出たニュースは各テレビ局とも流しましたし、夢大陸のHPそのものが無くなっていますから・・・・。
        Comment by CMN @ 2010/11/02 1:07 AM
        > CMN さん

        再度情報&コメントありがとうございます!
        告知無く…とはいえ、何故か律儀に「完全閉鎖」する所をみると、「覚悟」の時が近づいているのかもしれません。

        もしくは、誰にも悟られないように事前告知のない「計画逃亡」を行ったのか…
        (警察からマークされてしまったら、簡単に逃げる事は出来ないでしょう。)

        いずれにしても、実名報道がされる前兆である事は確かなようです。
        Comment by take2-chances @ 2010/11/02 2:55 AM
        http://mainichi.jp/seibu/shakai/news/20101107ddp001040005000c.html

        いよいよ大きな動きが起きそうです。
        放送を許可し続けた側の責任も問われそうです。
        Comment by CMN @ 2010/11/08 3:10 AM


        > CMN さん

        再度情報&コメントありがとうございます!

        遂に、「警察が詐欺容疑で強制捜査に乗り出す方針を固めた」ようですね。

        「実際に運用することなく詐取した疑い」…ですから、もはや投資でも何でもなく、「FMラジオを使った巨大詐欺事件」が行われたという事なのでしょう。

        事実上「乗っ取った」とはいえ、総務省は詐欺に荷担した責任を追及されるべきでしょうね。
        こちらは恐らく、うやむやにされる可能性が大きいですが(苦笑)
        Comment by take2-chances @ 2010/11/08 7:06 AM
        コメントする









        トラックバック

        このページの先頭へ

          / PAGES 

        管理者ページ