<< October 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 「臨時災害放送局開設手引き」が公表される。 | main | 「一家に一台安心ラジオ」と称する次世代ラジオとは。 >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

* *
0
    スポンサードリンク * - * * - * -

    最新放送機器あれこれ。

    年末押し迫る今日この頃ですが、皆様いかがお過ごしでしょうか?
    タダでさえ忙しいのに、何を血迷ったか、挑発に乗って野田首相は衆議院解散を決行しましたが…
    勝算があるとはとても思えないんですけどね。

    というワケで、本題。
    最新放送機器などなどを紹介してみます。

    まず初めに。
    加賀ハイテックが、InterBEE向けに「デジタル防災ラジオ」を試作したそうで。

    デモ映像…【Inter BEE 2012】V-Lowマルチメディア次世代ラジオ推進グループ(#8206)新サービス デジタル防災ラジオをデモ

    試作機の大きさは「横17cm、高さ11.3cm、奥行き4.7cm」で、重量は約400g(乾電池除く)。
    AC電源、内蔵電池、乾電池の3電源方式で、内蔵電池使用時で2時間受信可能。更に大型液晶パネル搭載との事ですが…

    正直、2時間程度ではあまりに「電池の持ちが悪い」としか言いようがありません。
    改善ポイントの一つでしょう。

    続いて「臨時災害放送局用FM装置」。
    臨時災害放送局用FM装置受注開始のお知らせ -八木アンテナ

    プレスリリースによると、「専門の設置工事を必要とせずスピーディな運用が開始できる装置構成となっている」そうで、「臨時災害放送局が運用開始するための必要な装備がセットされている」との事。

    セット内容は…

    • 送信機

    • 送信アンテナ

    • 組み立てマスト(8m)

    • マイクロフォン2本

    • ヘッドフォン

    • CDプレーヤー

    • 音声ミキサ

    • 同軸ケーブル30m

    また、「送信機の電源はAC100V仕様、市販の発電機や無停電電源装置(UPS)等の非常用電源により稼動が可能」との事です。

    この一式があれば直ちに開局出来るそうなので、防災目的として1台あると役に立ちそうです(もちろん開局には総務省の許可が必要です)。

    そして、mobilestudioII(モバイルスタジオ2)。
    これについては別館のほうで「販売開始」という記事を書きましたが、デモ機を試聴したところ、初代と比べて明らかに高音質になっています。

    加えて、「800MHz帯のFOMAプラスエリア」にも対応との事であり、ドコモのエリアマップでオレンジ色になっている、山間部などで多く見られる地域や、都市部でのビル陰対策地域など、従来では電波が届きにくかった場所からの中継などに威力を発揮しそうです。

    今まで電波状態が悪いから中継は止めとこう、と躊躇していた場所からも中継できるようになる…かも。

    ますます進化する放送機器。
    使ってみたいような気もするけど、「臨時災害放送局用FM装置」はなるべく稼働しないで欲しい、とも思ってみたり。

    人気blogランキングへ
    人気blogランキングに投票する

    よろしくお願いします。
    別館Twitterもどうぞ。
    JUGEMテーマ:地域/ローカル

    JUGEMテーマ:地域/ローカル

    * Check *
    0
      take2-chances * デジタル放送など。 * 00:56 * comments(0) * trackbacks(0)

      スポンサーサイト

      * Check *
      0
        スポンサードリンク * - * 00:56 * - * -

        コメント

        コメントする









        トラックバック

        このページの先頭へ

          / PAGES 

        管理者ページ